学科の概要

住居・インテリア学科の特徴

  • 日本唯一、工学ベースの住居・インテリアを学べる学科
  • 工学系女子学生のニーズにも応える、三割女性の教授陣
  • 社会変化に対応、多様な住居・インテリア職を目指せる

求める学生像

豊かで潤いのある暮らしを創出する幅広い専門家の育成を目標に、意欲あふれる学生を求めています。

  • 住居、ショップ、オフィスまたそのインテリアの設計・デザイン、リフォーム・リノベーション、住宅 の施工・構造・設備、そして広く生活空間の歴史や文化・まちづくりに関する学修意欲の高い人
  • 物事を多面的に考察し、自分の考えをまとめることができる人
  • 住居・インテリア学分野において卓越した能力を持っている人

4年間の学びの流れ

3年次、「基本コース」とプロジェクト型教育を重視した「地域貢献実践コース」のいずれかを選べます。

  • 1年次専門的な基礎学力を高める

    基礎と教養を学びます。エンジニアリング系科目:住宅構法概論や住居環境入門など。計画系科目:住居・インテリア概論や住居計画など。演習実習系科目:製図実習やCAD実習、住宅基礎演習など。

  • 2年次専門知識を深める

    さらに広く深く学びます。エンジニアリング系科目:構造力学や住居設備学など。計画系科目:インテリアデザイン論や家づくり総合論など。演習実習系科目:住居設計実習、デザインコンペなど。

  • 3年次コースを選択して実践を学ぶ

    「基本コース」「地域貢献実践コース」を選択。研究室に所属し、実践を学びます。基本コース:建物の施工、設備、住宅の設計など。地域貢献実践コース:リフォーム・リノベーションや不動産など。

  • 4年次将来(就職・進学)に向けての活動

    自ら設定した課題についての卒業研究をまとめます。卒業研究は担当の教員だけでなく学科内全9名の教授陣から指導を受けられ、試行錯誤の研究過程を通して社会に貢献できる能力を身につけます。

研究・教育の特色と社会貢献活動

  • 研究 - 時代変化に対応した新しい住居を提案

    • 1年次からの実験的、実践的カリキュラムを導入し、住居の耐久性や震災仮設住居などの時代の要求に対応する研究を実施
  • 教育 - プロジェクト型教育による団地の解剖

    • 取り壊し前の団地を実際に調査・解体(解剖)空間を体験・研究・検証し暮らしの源流を考察
    • 住居の歴史的な成り立ちを学習し、実際の空間で体験・検証
    • 社会的要求と住居の関係を建築的に解剖し工学的技術を修得
  • 社会貢献活動 - 空き家問題に正面から取組む

    • 空き家再生活動として実際に設計や施工を実施
    • 空き家問題を抱える地方自治体と連携し社会提案貢献活動
    • 空き家問題に取組むことで社会の変化と住居の未来の研究へ

在学中に目指せる主な資格

本年度は、卒業生が卒業後入社1年目に「二級建築士」を取得しているのをはじめ、学内資格講座を活用した在学生が「宅地建物取引士」に1名、「インテリアコーディネーター」に4名合格しました。

在学中に目指せる主な資格 

  • 二級建築士(受験資格)
  • 一級建築士(要実務経験2年)
  • インテリアプランナー(要実務経験)
  • 建築設備士
  • 宅地建物取引士
  • 建築施工管理技士(1・2級要実務経験)
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 高等学校教諭一種免許状(工業)

幅の広い住居・インテリア領域の職種

暮らし全般にまつわる、幅が広く、専門性の高い職種が多く、資格を取得し、キャリアアップを実現していくことで、社会で活躍し続けることができる領域です。

  • 設計・デザイン ‐ 住居、ショップ、オフィスなどの建物やイン テリアの設計・デザイン。専門性の高い、構造や設備設計。リフォーム・リノベーションや家具の設計・デザインなど。
  • 施工管理 ‐ 建設現場の品質、工程、安全など、全体をとり まとめを行う仕事。総合建設業(ゼネコン)、専門設備工事 業(サブコン)などにわかれ、建物を施工。
  • 企画・開発 ‐ 不動産を活用し、住宅地や分譲マンション、商業施設やリゾート施設、まちづくりなどの企画や開発。
  • 製造・販売・施工 ‐ 住宅用設備機器、建築材料や家具、キッチン、照明などの製造・販売・施工。
PAGE TOP

〒813-8503
福岡県福岡市東区松香台2-3-1
TEL: 092-673-5050 (代表)